ゲームランキング

英雄伝説VII ランキング!

英雄伝説VII 銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫)

前巻で短い年金生活から放り出された退役軍人のヤン・ウェンリー氏は再び戦場に赴く。かつての仲間たちが続々と集結する中、イゼルローン攻略を成功させる。同盟の崩壊が避けられない以上、いずれは取り戻す必要があった。周到な準備というより、帝国軍に対する罠にかかったのはルッツ提督。ケンプ提督と違って命があっただけましというものだろう。しかし、一方で帝国軍はマル・アデッタ星域会戦で同盟軍をついに消滅させる。それはヤン・ウェンリーの上司であるビュコック提督の死を意味する。二つの戦いの結果は勝者であるはずの二人の英雄を打ちのめす。ラインハルトはともかく、ヒルダやミッターマイヤーの示唆でそれなりに戦果に納得できた。しかし、ヤン・ウェンリーには計り知れない打撃となる損失だった。名目とはいえ立て直すべき国家の喪失と敬愛し頼りなる大先輩という公私両面の支えを失った。前者はあきらめがついても後者は、説明されても、慰撫されても納得が行くものではない。ただ、ともに悲しんでくれるフレデリカの言葉に慰めを見出す他はない。同盟は消滅し権力と軍事力の空白地帯は帝国に併呑された。空白は埋められなくてはならなず、ラインハルトは意外でなおかつ順当という人事を発令し本巻は幕を閉じる。それは次の戦いの萌芽だった。いよいよ、クライマックスです。 銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫) 関連情報

英雄伝説VII 銀河英雄伝説 Vol.7 [DVD]

 「わが友」―――ラインハルトの半身でもあったキルヒアイスの墓所にはそれだけが明記されていた。 常に傍らにいて、ラインハルトの味方でありつづけたキルヒアイスがヴァルハラへ旅立ってしまう巻です。作画もたくさん手直しされてキルヒアイスはこれ以上にないくらい、美しく、逞しい。 「いつか、わかってくださる・・・。ラインハルト様ならわかってくださる・・・!」 最期までラインハルトを信じ、最期までラインハルトを守り続けた唯一無二の友。「薄幸の美青年」などという言葉はあまりそぐわないかもしれない。少なくとも過去11年間彼は幸せだったのだから。 しかし、21歳というあまりにも若く、可能性ある歳で、大切な人たちを置き去りにして死の旅につかなければならなかった若者の現実を思うと、あまりにも薄幸だ。 キルヒアイスは未来に対し「薄幸の美青年」だった。 ラインハルトはキルヒアイスを失ったことで、彼の栄光の「少年時代」に別れを告げる。そしてヒルデガルドと出会い、「男」となっていく。 銀河英雄伝説 Vol.7 [DVD] 関連情報

英雄伝説VII 銀河英雄伝説〈7〉怒濤篇 (徳間文庫)

おすすめの巻の1つです。この巻はストーリーの説明がなんだか難しいです…。帝国軍がバーラトの和約を破棄し(なぜ破棄したかは書かないでおきます。6巻を読んでいない方がいたらネタバレになるので)、同盟へ再侵攻したり、ヤン艦隊がイゼルローンに帰ったりと、2人の主人公が元のポジションに戻る感じがします。次の8巻でさらに衝撃的な展開が待ってるので、シリーズ全体の中での印象は少し薄れるかも知れませんが、帝国軍の再侵攻の際に名場面と呼んで差し支えないシーンがあります。 銀河英雄伝説〈7〉怒濤篇 (徳間文庫) 関連情報

英雄伝説VII 銀河英雄伝説7 怒濤篇 (らいとすたっふ文庫)

憲法改正の議論や憲法を勝手に違った解釈をする人たちがいて、この国の民主主義が風前の灯火となっている今、民主主義国家とはどんな国家か?を改めて考えさせてくれるシリーズです。 銀河英雄伝説7 怒濤篇 (らいとすたっふ文庫) 関連情報


Loading...


ここを友達に教える